INTRODUCTION イントロダクション

火刑の母より生まれし赤児。その命が引き継いだのは、運命の称号──。

日本を代表するクリエイター雨宮慶太が生み出したヒーロー【牙狼〈GARO〉】。

2005年の誕生から10年を迎え、今なお多くのファンを魅了している。

その【牙狼<GARO>】シリーズの10周年記念作品として誕生した本作『牙狼<GARO>-DIVINE FLAME-』は、シリーズ初のアニメ作品として2014年秋から放送された「牙狼<GARO>-炎の刻印-」から4年後を描いた完全新作劇場版アニメーション作品!

監督にはTVシリーズ「牙狼〈GARO〉-炎の刻印-」に引き続き数々の名作を表現してきた林祐一郎。

脚本には「進撃の巨人」や「ジョジョの奇妙な冒険」など現代のアニメシーンを代表する小林靖子、そしてアニメーション制作は「うしおととら」「残響のテロル」「坂道のアポロン」などアクション・サスペンス・ドラマなど様々なジャンルを見事に描くMAPPAが担当する。

2016年、アニメの枠を超えた映像プロジェクトがいよいよ始動する―。